男性型脱毛症診察ガイドライン

男性型脱毛症(AGA)に悩む人に向けて、2013年4月に日本皮膚科学会から男性型脱毛症の診療のガイドラインが発表されています。
男性型脱毛症の治療の中には、科学的根拠のないものや育毛剤や植毛でトラブルにあってしまうひとも少なからずいます。
そこで日本皮膚科学会が、学会として進めることのできるガイドラインを発表したのです。
日本皮膚科学会のガイドラインは標準的な治療方法をA、B、C1、C2、Dまでの5ランクに分けています。
Aランクは強く勧められる、Bは行うよう勧められる、C1は行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない、C2は根拠がないので進められない、Dは行わないよう勧められるです。
Aの強く勧められるには外用のミノキシジルや内服薬のフィナステリドの二つのみになります。
フィナステリドが含まれているプロペシアは病院の処方のみ入手可能です。
Bランクは、自毛移植になります。
Aランクでの治療が有効でなかった場合にのみ勧められる治療法です。
対象は自分の毛のみであり人工毛は対象外になります。
C1は塩化カルプロニウム、アデノシン、サイトプリン、ペントデカン、ケトコナゾールという5種類のシャンプーや育毛剤が対象になっています。
C2も同様で、セファランチンという育毛剤やシャンプーの成分が対象になっています。
最後のDは人工毛植毛です。
もし、男性型脱毛症の治療をはじめたい人でどんな治療法が良いのか分からないという人は、このガイドラインに沿った治療をはじめることをおすすめします。
しかし、治療の効果には個人差があるので、必ずしもガイドライン通りの治療が有効とは限りません。
自分にあった治療法を選択することが大事です。

男性型脱毛症用薬「プロペシア」について

現在、男性の中で額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていっていると感じている人が少なくありません。
これは男性に多く見られる脱毛症状のAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるものです。
その治療法のひとつとして挙げられる方法が男性型脱毛症用薬「プロペシア」の服用です。
AGA治療法で基本的に使用されるプロペシアには薄毛の進行を遅らせる効果があります。
そこに頭皮ケアとして発毛環境を整える育毛剤・ミノキシジルと併用して使用することでプロペシアのみの薬剤治療だけの場合より良い効果があるとされています。
また、プロペシアには頭頂部と髪の生え際に効果があるとされ、特に頭頂部の薄毛の進行を遅らせる効果が高いともいわれています。
しかし目に見えた効果がある一方、厚生労働省では個人輸入において注意すべき医療薬として注意喚起が行われています。
その注意内容は妊娠中の中の女性では男の胎児の生殖器に異常をおこすおそれがあるというものです。
プロペシアは男性限定の医療薬であり、女性や小児には使用してはいけないと米国食品医薬品省(FDA)で公表された注意事項に明示されています。
プロペシアは医師の処方箋が必要な医療薬であるため安易な個人輸入をしないよう注意しましょう。
他にも服用の際には錠剤を割って飲まないことや家族など他の人への譲渡はしてはいけない等の注意点があります。
このようにプロペシアを服用する際には専門の医療機関で現在起きている症状を診断してもらい、適切な判断をしてもらうことが重要となります。
男性型脱毛症は何も対策しないまま放置すると髪はだんだん減り続けていまう進行性があるゆえに早急なケアが必要となります。
しかし、その際には注意べきポイントを押さえて使用するよう心がけるようにしましょう。

急増するFAGA(女性男性型脱毛症)

女性が薄毛になる原因に、女性男性型脱毛症がありますが、これは女性版のAGAであり、FAGAというように呼ばれています。
ただ、男性のように生え際や頭頂部から極端に薄くなるような症状の現れ方ではなく、びまん性の脱毛状態になります。
つまり全体的にボリュームダウンが見られ、ハリコシのない髪の毛になってしまうのです。
女性男性型脱毛症は男性ホルモンが優位になるのが発症原因のひとつであり、ホルモンバランスを整える対策が必要とされています。
その為、ホルモンバランスを乱すストレスを解消したり、生活習慣を整えるといった対策が大事です。
抗男性ホルモンの働きがある育毛剤を活用するのも有効です。
女性男性型脱毛症が発症するケースは珍しくないということもあり、女性用の育毛剤も数多く登場していますし、抗男性ホルモンの働きを持っている育毛剤もあります。
男性ホルモンの抑止として使うことができますので活用してみると良いでしょう。
女性用の内服薬を使用して対策することも可能です。
内服薬としては男性用の物が殆どであり、女性の場合は有効な内服薬がない状態でしたが、現在では女性の薄毛に有効性が認められている薬も登場しているのです。
そして安全性が高い薬であるのが特徴なのですが、これは特定の成分によって薄毛を回復させるという趣旨のものではなく、栄養補給によって自然な回復を目指す薬であるからです。
効率的に栄養補給をする働きがある薬ですので、人体に悪影響になるようなリスクが低いですし、安全に用いることができる薬となっているのです。
効果の高さも医学界からも認められてお墨付きとなっていますので、女性男性型脱毛症対策として最適の薬と言えるでしょう。
■AGA治療ならこちらから
薄毛治療薬
■あらかじめ知っておくことが大切
フィンペシアの副作用を確認する

ページトップへ