男性型脱毛症で縮毛パーマしてる人はスピルリナ

縮毛パーマはヘアカラーと同じように化学物質を使います。数ヶ月で縮毛パーマの効果は消えてしまうので、さらに繰り返すことで髪の毛や頭皮にダメージを与え続けている恐れがあります。髪の毛のダメージはトリートメントで解決できますが、頭皮は一度刺激を受けると健康な状態になるのが簡単ではありません。美容院で行う場合は美容師の腕が左右しますが、自分で縮毛パーマをする人は男性型脱毛症に悪影響を与えている可能性が高いです。それでも縮毛パーマをする場合は、スピルリナのサプリメントを利用すると良いです。スピルリナとは藻の一種で、全体の50%~70%をタンパク質が占めています。肉や魚よりもタンパク質が豊富とされます。髪の毛はタンパク質でできているので、男性型脱毛症の人は意識して摂取するべき栄養素です。また髪の毛の成長をサポートするミネラルも含まれており、ビタミンや脂質、炭水化物といった5大栄養素が全て揃っているので、薄毛予防に最適です。タンパク質を作るのはビタミンCで、頭皮の正常な働きを促進するのがビタミンA、頭皮の血行を改善するのがビタミンEです。また亜鉛も細胞の増殖を促すので男性型脱毛症に効果的ですが、スピルリナには豊富に含まれています。食生活を改善すると普段摂取しない栄養素を吸収するため、発毛促進につながります。高い効果を持つスピルリナですが、男性型脱毛症を改善するにはサプリメントを服用するタイミングも重要です。アルコールやコーヒーを飲んで30分以内に服用すると、スピルリナの栄養成分を分解する恐れがあります。特に効果を発揮させる時には、食前に服用して吸収率を高めます。育毛では摂取量が少ないと効果が出ないので、用量を守ります。

ページトップへ