男性型脱毛症における生理活性脂質利用とウエルシア

男性型脱毛症は遺伝子レベルにおける問題から生じているホルモンバランスの異常が影響していると考えられています。思春期港に発病することが多く、特徴的な形で髪が薄くなったり脱毛してしまったりする症状が発症するため、遺伝的要因を持ってしまった男性はそれに男性型脱毛症に悩まされることになりがちです。その需要の高さから治療のための研究が広く行われてきており、様々な治療へのアプローチが開発されてきました。ホルモンの影響を受けることから男性ホルモンの関わる代謝系に作用する治療薬が開発されて使用されています。そういった治療薬が功を奏する症例も多い一方で、治療薬を用いてもなかなか症状の改善が見られない場合も珍しくありません。そのため、別のアプローチも多数研究がなされてきました。サプリメントによる改善という考え方では生理活性脂質であるレシチンが注目されています。レシチンはホスファチジルコリンと呼ばれる生理活性脂質を指していましたが、現在では生理活性脂質としてホスファチジルコリンを含む製品一般を指し示すようになってきています。男性型脱毛症の治療薬と併用もできるとされていることから広く用いられるようになってきています。一方、ウエルシアなどの薬局でも積極的に販売が行われているミノキシジルを含む製剤も男性型脱毛症の治療に用いられているものの1つです。ウエルシアではレシチン製品も手に入れることができることができます。また、処方箋受付をしているというのがウエルシアでは典型的であるため、ウエルシアに行くことによってホルモン系治療薬、レシチン、ミノキシジル製品といった男性型脱毛症の治療が期待できるものを一通り揃えてしまうことができるでしょう。

ページトップへ